« 2006年7月 | トップページ | 2007年3月 »

2006年10月に作成された記事

2006年10月16日 (月)

初の「即決裁判」、東京地裁、開廷25分で有罪判決(2006.10.16)

比較的軽い罪で起訴された被告に、起訴から14日以内に判決が出される「即決裁判」が今月から始まり、東京地裁では初となる即決裁判が行われた。
東京地裁で初の即決裁判となったのは、出入国管理及び難民認定法違反の罪に問われた中国人女性被告(35)の公判。2002年5月に密入国し、都内でアルバイトをするなど不法に滞在したとして起訴された。被告が起訴事実を認めた後、高麗邦彦裁判官が即決裁判の適用を決定。開廷から約25分後に懲役2年6月、執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

| | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2007年3月 »