« 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) | トップページ | 研修を廃止、実習に一本化 外国人技能制度を改正へ(2007.5.15) »

2007年5月 1日 (火)

外国人入国者、アジア中心に急増 温泉など牽引(2007.5.1)

本年1~3月に日本に入国した外国人は約2,138,000人で、過去最高だった昨年同時期と比較して11・8%増だったことが法務省のまとめで分かった。今後もこのペースで伸びれば、夏の観光シーズンを挟み、年間900万人を超えるのは確実。同省によると、温泉地などを訪れる韓国、中国などアジアからの団体客が増えており、入国管理局の幹部は「日本の温泉がひそかな人気になっていることも影響したのでは」と話している。
昨年は韓国、台湾、中国からの観光客が全体の約6割を占めた。同省は、韓国に短期滞在者のビザ(査証)を免除したことや、国内の観光地や施設が外国語のパンフレットを作成するなど「アジアからの観光客を積極的に受け入れている結果」(幹部)と分析している。
同省は、不法滞在者も増える可能性があるとみて、繁華街や郊外での取り締まりを強化する方針。

|

« 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) | トップページ | 研修を廃止、実習に一本化 外国人技能制度を改正へ(2007.5.15) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/60046/14910149

この記事へのトラックバック一覧です: 外国人入国者、アジア中心に急増 温泉など牽引(2007.5.1):

» 外国人入国者、アジア中心に急増 温泉地などが牽引 [就労ビザ]
日本ビザ・イミグレ情報(2007.5.1付)外国人入国者、アジア中心に急増 温泉地などが牽引確かに温泉地では外国人観光客、特に韓国、中国、台湾からの観光客が目立ちます。九州には有名な温泉地が多いのですが、ここ福岡からも近い別府温泉にも韓国人、中国人等の観光客をよ....... [続きを読む]

受信: 2007年5月 1日 (火) 11時47分

» 中国の輸出の主力に労働力も [中国ニュースブログ、まるごと中国ニュース]
国別の輸出金額と輸入金額を合計した貿易合計額で、昨年度は、対中が対米を抜き、日本にとって中国が最大の貿易相手国になったことを、各紙が一斉に報じた。通関ベース(速報値)でみると、対中が輸出入合計二十五兆四千二百七十六億円、対米が同二十五兆一千六百億円、したがって、表面の数字上は、中国が日本の最大貿易相手国になったことは動かない。 先の大戦後、最も早く日本商品に対して国内市場を開放したのは米国で、市場の懐の広さに加え、日本が米国経済を格好のモデルとしてその後を追った経緯もあり、...... [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 20時54分

» 中国と日本、偉ぶる [中国から見た中国と日本の違い]
 日本での「客」の地位をはっきりさせておくと、一言で言えば、「偉ぶっている」と言えよう(中国でも同様であるが)。 ではどのような人を客と呼ぶのだろうか。 例えば、ある中国人がレストランでウェイターの仕事を始めたとする。彼を知っている日本人がそのレ...... [続きを読む]

受信: 2007年5月13日 (日) 10時19分

« 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) | トップページ | 研修を廃止、実習に一本化 外国人技能制度を改正へ(2007.5.15) »