« 経済連携協定に基づくインドネシア人,フィリピン人及びベトナム人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間の延長(2017.02.03.) | トップページ | 中央アジア5か国国民に対するビザ発給要件の緩和(2017.05.01) »

2017年4月24日 (月)

中国人に対するビザ発給要件の緩和(2017.04.21)

外務省は、中国人に対する査証の発給要件を緩和する以下の措置を、2017年5月8日から開始する。

1.中国国内に居住する中国人に対する措置

(1)十分な経済力を有する申請人に対する数次査証の発給開始
十分な経済力を有する申請人とその家族に対して、有効期間3年、1回の滞在期間30日の数次査証(初回は観光目的に限定)の発給を開始する。

(2)東北三県数次査証の六県への拡大
東北三県(岩手県,宮城県,福島県)数次査証の対象訪問地を、東北六県(青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県)へ拡大するとともに、これまで一定の経済力を有する申請人に課していた、過去3年以内の日本への渡航歴要件を廃止する。

(3)相当の高所得者に対する数次査証の緩和
相当の高所得を有する申請人とその家族に発給している数次査証(有効期間5年、1回の滞在期間90日)は、初回の訪日目的を観光に限定せず、商用や知人訪問等の目的でも利用できることとする。
また、この査証を利用する申請人は、航空券、宿泊先等を旅行社を介さず自ら手配できることとする。

(4)個人観光一次査証の申請手続簡素化
クレジットカード(ゴールド)を所持する申請人に対して、個人観光一次査証の提出書類を簡素化する。

2.中国国外に居住する中国人に対する措置

(1)中国国外に居住する中国人も、中国国内の申請と同じ要件(注)で観光目的の数次査証を取得できることとする。

    (注)十分な経済力を有する申請人とその家族に対して、有効期間3年、1回の滞在期間30日の数次査証の発給を開始する。
 また、相当の高所得を有する申請人とその家族に対して、有効期間5年、1回の滞在期間90日の数次査証の発給を開始します。

|

« 経済連携協定に基づくインドネシア人,フィリピン人及びベトナム人看護師・介護福祉士候補者の滞在期間の延長(2017.02.03.) | トップページ | 中央アジア5か国国民に対するビザ発給要件の緩和(2017.05.01) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事