« 上陸審査を厳格に実施-法務省入国管理局(2007.4.3) | トップページ | 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) »

2007年4月 5日 (木)

入国審査、新制度後も待ち時間20分以内に目標設定(2007.4.5)

政府は外国人が日本に入国する際に指紋採取などを義務付ける改正出入国管理及び難民認定法が11月に施行されるのを控え、各空港や港湾での入国審査の平均待ち時間を施行後も現在と同程度の20分以内に抑える目標を設定した。

時間のロスを防ぐため、入国審査官が旅券を調べる間に指紋採取と顔写真撮影を済ませるなど、職員を増員して審査手続きの効率化を図る。法務省入国管理局は 2007年度に入国審査にあたる人員を中心に約150人を純増する予定で、国内の主要34空港・港で待ち時間の延長抑制に備える。

|

« 上陸審査を厳格に実施-法務省入国管理局(2007.4.3) | トップページ | 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入国審査、新制度後も待ち時間20分以内に目標設定(2007.4.5):

» The Blog [The Blog]
I would love to be able to come back and write a post about how we are developing, or have picked up a show based on a [url=http://chiki-puki.com/M18xNjg3ODI2]comment[/url] posted to the blog. [続きを読む]

受信: 2007年8月29日 (水) 07時24分

« 上陸審査を厳格に実施-法務省入国管理局(2007.4.3) | トップページ | 偽装結婚阻止に向けて審査強化(2007.4.21) »