« 新型コロナウイルスによる日本入国拒否(2020.02.12) | トップページ | 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための申請受付期間の延長について »

2020年3月19日 (木)

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化:査証の制限等について(2020.03.18)

令和2年3月18日,新型コロナウイルス感染症対策本部(本部長:内閣総理大臣)で「水際対策強化に係わる新たな措置」が決定した。

当該措置は,令和2年3月21日午前0時(日本標準時)から運用が開始され,令和2年4月30日までの間,実施する(当該期間は更新され得る)。

当該措置の内容

1.令和2年3月20日までに当該措置の対象国(下記)に所在する日本国大使館又は総領事館で発給された一次・数次査証の効力の停止
2.当該措置の対象国(下記)に対する査証免除措置の順次停止

対象国:シェンゲン協定加盟国(アイスランド、イタリア、エストニア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スイス、スウェーデン、スペイン、スロバキア、スロベニア、チェコ、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、マルタ、ラトビア、リトアニア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルク)
アイルランド、アンドラ、イラン、英国、エジプト、キプロス、クロアチア、サンマリノ、バチカン、ブルガリア、モナコ,ルーマニア

3.令和2年3月月21日午前0時(日本標準時)から,国籍を問わず当該措置の対象国からの全ての入国者に対し,検疫所長の指定する場所で14日間待機し,日本国内において公共交通機関を使用しないよう要請する。

|

« 新型コロナウイルスによる日本入国拒否(2020.02.12) | トップページ | 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のための申請受付期間の延長について »